ばんせい証券とは

組織で変える、未来ばんせいグループの中核企業であり、国内随一のボンドハウスとして、プライベートバンキング・サービスを提供しています。グループ会社との連携により、他社には真似できない新しい価値をお客様・社会に提供する会社を目指しています。

ばんせい証券の特徴

ばんせい証券のことをさらに知るために、展開している証券業の特徴を簡単にご紹介します。

ボンドボンド

ブラジル国債を筆頭に、国内随一のボンドハウスとしての地位を確立し、お客様の資産運用のお手伝いは勿論のこと、新興国の発展にも寄与しています。

独自の調査力独自の調査力

グループ会社の総合研究所などの独自の調査力を活かし、お客様への情報提供に努めています。

富裕層のお客様のための様々な施策富裕層のお客様のための様々な施策

プライベートバンクを目指すために、富裕層のお客様を中心とした様々な施策を準備していおり、銀座の中心地に迎賓館も展開しています。

知識・教養知識・教養

富裕層のお客様にお付き合い頂くために、金融業界に限らず幅広い知識・教養が必要となり、それに応えることができるかがカギです。

組織力組織力

決して個人だけでお客様とのやり取りをするわけではありません。会社からの様々なサポート、一丸となり取り組む組織力で対応することが大切です。

充実した経営態勢充実した経営管理体制

元金融庁の幹部などを複数採用しコンプライアンス態勢を確立させると共に、社外役員として、現内閣官房参与で元東京地検特捜部長の経歴を持つ宗像紀夫氏や、日本公認会計士協会の常務理事である渡邊芳樹氏を招聘するなど、充実した経営管理態勢を整えています。

戦略ビジョン

■成長とともに変化するビジネスモデル

1908年創業の歴史のある会社ですが、現在は世界経済の変化に対応したビジネスモデルを確立した上で、M&Aによる事業拡大を積極的に行い、グループとして銀行、証券、保険サービスをワンストップで提供できる体制を確立するだけでなく、文化の架け橋となるべく、様々な取り組みをしています。

■究極のルートセールス

お客様の中長期の資産形成や資産防衛のご支援をするために、新規開拓より既存のお客様を最重要と考え、独自の組織力でプライベートバンキングサービスを提供しています。じっくり向き合い、当社独自の最高のおもてなしをすることが、お客様からのゆるぎない信頼を得ることにつながります。これこそ我々が目指すべき姿、究極のルートセールスの形です。

■新しい証券の歴史を築く

金融の専門家(弁護士、会計士、税理士)を社内に複数抱え、高度なコンサルティングが可能です。さらにばんせいグループで展開している事業との相互効果を活かし、従来の証券会社では成し得ない金融サービスを提供していきます。これからも市場ニーズの変化に対応しながら、唯一無二の証券会社を目指し、新たな歴史を築いていきます。

研修制度

■入社時研修

金融業界未経験者はもちろん、業界経験者であっても、まずは2週間程度の入社時研修を受けて頂きます。当社の営業は金融知識さえあれば出来るものではなく、富裕層のお客様に対峙するための礼儀礼節や幅広い素養教養の基礎知識、当社の独自の戦略やビジネスモデルの理解などの多くのことを、あらかじめ身につけておいて頂く必要があるからです。
証券外務員I種も研修中に取得して頂きます。研修を終えて各部署に配属される日には、中途入社であるギャップを感じさせないくらい、当社社員としての基本動作を身につけた状態で送り出します。また、別途スリランカへの海外研修なども計画しています。

■OJT研修

当社では先輩による指導やフォローなど組織を大事にしており、必ず新入社員一人ずつにトレーナー制度を設けています。配属された部署での実務において指導してもらうだけではなく毎日のノートでのやり取りを通して、きめ細やかなフォローをしています。アナログではありますが先輩社員も後輩指導を通して、見方が変わるなど見違えるほどの成長ができる良い機会となり、表面的な制度という枠を超えて、当社が誇れる内容となっております。

■独り立ち

約2年間の研修を経て先輩社員に頼ることも多い時期ですが、徐々に独り立ちをしてもらいます。教育を何よりも大切にしている当社ならではの手厚い指導やフォローを受けながら自分で考えて行動する力を磨いてもらいます。

■次のステージへ

早い人で2年目から、後輩指導に携わる可能性もあり、後輩指導などを通して主任・係長などに昇格します。次世代のマネージャー(幹部)候補生として自分の仕事のみならず、チーム全体の仕事の進捗を管理することも期待しています。