社員の1日:新規開拓営業

若手営業社員の1日の業務の流れについて紹介致します。
特に「証券会社の営業ってなんだかよくわからないけど大変そう…」と思っている方へ参考になればと思います。

とある若手営業社員の1日

若手営業社員の1日についてお話をする前に、まず知っておいていただきたいこと。
それは、当社が最も大切にしているのは新規開拓営業であるということです。
今まで当社をご利用していないお客様から新規の資金をお預かりする。
また、既に良いお付き合いをしていただいているお客様から、ご紹介をいただく。
コツコツと積み上げた努力の成果が、会社全体の黒字を支えています。

若手営業社員の1日

6:00頃 出社準備、7:00過ぎ 会社到着

6:00頃
出社準備

7:00過ぎ
会社到着

↓

~8:15 ・営業に向けての材料集め(為替や株などお客様と話をする際に必要になる情報を集める)・日経新聞の読み込み、8:15~8:30 朝礼

~8:15
・営業に向けての材料集め(為替や株などお客様と話をする際に必要になる情報を集める)
・日経新聞の読み込み

8:15~8:30 朝礼

↓

8:30~11:30 新規開拓営業/既存客への連絡

8:30~11:30
新規開拓営業/既存客への連絡

↓

11:30~12:30 お昼休み

↓

12:30~17:00 新規開拓営業/既存客への連絡

12:30~17:00
新規開拓営業/既存客への連絡

↓

17:15 終礼
17:15~ 顧客訪問:アポイントメントがある時)

当社の考えとして、『コンデンス(凝縮)された時間の中で結果を出す』という考えを基本とし、定時で帰ることを心掛けています。

限られた時間のなかで集中して業務を行うため、1日が一瞬に感じるぐらいに本当に早く過ぎてしまいます。
慣れない頃は時間内にやり遂げることを難しく感じるかもしれませんが、それを習慣化することで当たり前となります。

また、証券会社は朝が早く、夜も遅いというイメージがありますが、そのように長い時間を費やせば成果が出るわけではありません。

それは営業だけではなく、管理も同じで、全社員が無駄な残業をせず、日々、駆け抜けた仕事を行っています。